QUI

FASHION

HAENGNAEの魅力をプロの視点から読み解く # 4

Jan 18, 2024
あるブランドを好きな理由として圧倒的に多いのが「デザイン」や「スタイリング」という意見。
しかし見た目は魅力を構成するひとつの要素でしかなく、ブランドそのものの美学を語るときには様々な捉え方が存在する。本企画で迫るのはプロならではの角度ある視点。

第4回は<HAENGNAE(ヘンネ)>にフィーチャー。
本企画を通して、新たなファッションのミカタ(楽しみかた)が広がることを願って。

HAENGNAEの魅力をプロの視点から読み解く # 4

Jan 18, 2024 - FASHION
あるブランドを好きな理由として圧倒的に多いのが「デザイン」や「スタイリング」という意見。
しかし見た目は魅力を構成するひとつの要素でしかなく、ブランドそのものの美学を語るときには様々な捉え方が存在する。本企画で迫るのはプロならではの角度ある視点。

第4回は<HAENGNAE(ヘンネ)>にフィーチャー。
本企画を通して、新たなファッションのミカタ(楽しみかた)が広がることを願って。

<HAENGNAE(ヘンネ))>ってどんなブランド?

2021年にローンチした<HAENGNAE>は、韓国国籍を持つ日本育ちのデザイナー anna choiが手がける「強きロマンチスト」のためのブランド。 誰かに受け入れられることを目的とせず、自愛精神を含めた「愛でる」哲学を大事に、知性や勇気を持ちながら逞しく生きる人々が、時には愛を、 時には強さを感じる洋服をデザインしている。

HAENGNAEの過去のコレクションはこちらから

【EMME CEO】細川 麻里子さん

― 細川さんにとって<HAENGNAE>の魅力とはなんでしょうか?

フェミニンさとロマンティックさに、破壊的な毒気の要素があるところです。コレクションから、アンナさんの強い意志と自分で物事を切り開く強さを感じるところも好きです。

― <HAENGNAE>の洋服を着こなす上で意識する点などはありますでしょうか?

ヘアやメイクはナチュラルに、主役はあくまでも洋服です。

― コレクションで印象に残っているものはどれでしょうか?

Chapter02

女性らしいアイテムがさらに増え、0から色を抽出しているベージュと赤のカラーが素晴らしいです。

HAENGNAE Chapter02 COLLECTION はこちらから

― 細川さんの私物の<HAENGNAE>について教えてください。

いくつか持っていますが、お気に入りは「CHIKUWABU KNIT MINI DRESS」です。ボディラインが綺麗にみえてベージュカラーが肌馴染みが良く、生地の厚みも程よく身体にフィットするので一番気に入っています。

細川 麻里子さん
@marikopr

【RESTIR クリエイティブディレクター】柴田 麻衣子さん

― 柴田さんにとって<HAENGNAE>の魅力とはなんでしょうか?

特別な世界に連れて行ってくれる日常と非日常の間にある服です。

― バイイングする上で意識していることを教えてください。

いつもの着こなしにロマンティックで力強い要素をプラスしてくれる、日常と非日常を繋ぐようなピースを中心にセレクトしています。<HAENGNAE>の洋服は一般的な「カワイイ」とは一味違うんです。その理由にはデザイナーのアンナさんの芯の通った独自の美意識とクチュールでの経験をもとに、細部にまで驚くほどにこだわりを持って服作りをしていることが挙げられます。取り扱いをスタートした当初から、普段からドレスアップすることが多いお客様にもカジュアルな着こなしが多いお客様にも高い人気を誇っています。

― コレクションで印象に残っているものはどれでしょうか?

Chapter04

24春夏のロングのシャツドレスとシンプルなオールインワンが印象に残っています。<HAENGNAE>らしさはそのままに、良い意味で削ぎ落とされ、洗練され、さらにラグジュアリーな空気を纏って、スタイリングのアイデアがいくつもいくつも浮かんできます。

HAENGNAE Chapter04 COLLECTIONはこちらから

柴田 麻衣子さん
@maikorestir

【メイキャッパー】UDAさん

― UDAさんにとって<HAENGNAE>の魅力はなんでしょうか?

NEO PURISM。強い意志のもとプラトニックかつ官能的なところです。

― メイクアップを担当するに至った経緯はなんでしょうか?

展示会に招待いただきデザイナーのアンナさんと直接お話をする機会がありました。「強きロマンチストのための服を作る」という考えに大変共感し、その後ヘッドアクセサリーのビジュアルのご依頼をいただいたのがきっかけです。

― メイクアップを担当をする上で意識していることを教えてください。

最も大切に考えているのは精神性です。強い表現であっても品を失わないように、メイクそのものが目立つのではなくいかにモデルさんに馴染むかを気にします。そのため撮影時に最も気を使うのは表情です。アグレッシブなのではなく精神的に強く、かつロマンティックな女性ですので、表情に知性を感じるメイクをとても重要視しています。

― コレクションで印象に残っているものはどれでしょうか?

HUE

関わらせていただいたコレクションはどれも印象に残っていますが、やはり初めて撮影したものは思い入れがあります。最後の晩餐がテーマでしたので、ルネッサンス絵画のような静寂な強さを意識しましたが、写真家の熊谷さんが捉えた、クチュールのような強く存在感のある服とモトーラさんの超知性というような儚くも非常に強い表情が重なって<HEANGNAE>の新しい表現ができたと感じました。

HAENGNAE HUE COLLECTIONはこちらから

Chapter05

最も最近のご一緒させていただいたコレクションの時のものですがヘアメイク的にもこのポラロイドのような写真もとても好きです。

HAENGNAE Chapter05 COLLECTION はこちらから

UDAさん
@udashi

【スタイリスト】三宅陽子さん

― 三宅さんにとって<HAENGNAE>の魅力はなんでしょうか?

独創性です。

― スタイリングするに至った経緯はなんでしょうか?

アップカミングの東京ベースのデザイナーを探していた際に友人に紹介されました。

― スタイリングをする上で意識していることを教えてください。

HAENGNAE>らしい女性的な強さとフィット感を意識してスタイリングしています。

― コレクションで印象に残っているものはどれでしょうか?

chapter02

甘すぎない可愛さを提案しているシルエットが好きです。

HAENGNAE chapter02 COLLECTION はこちらから

三宅陽子さん
@yokomiyake

FASHION
TAAKKの魅力をプロの視点から読み解く # 3
Dec 02, 2023

NEW ARRIVALS

Recommend