QUI

映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』が9/17公開

Sep 13, 2021 - FASHION
公の場に一切登場しない、撮影・対面インタビューにも応じない。型破りでエレガント、突然の引退から10年以上経った今も大きな影響力をもつ謎の天才デザイナー、マルタン・マルジェラがついに沈黙を破る。

映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』(Martin Margiela: In His Own Words、原題)が、9月17日(金)より、渋谷ホワイトシネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開する。

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』(2016 年)を監督したライナー・ホルツェマーが、難攻不落と思われたマルジェラ本人の信頼を勝ち取り、ジャン=ポール・ゴルチエのアシスタント時代から自身のブランドのスタート、エルメスのデザイナーへの就任、そして 51歳にして突然の引退など、キャリアやクリエイティビティについてマルジェラ自身が初めて語る貴重なドキュメンタリーを作りあげた。

なぜ、マルタン・マルジェラは評価され続けるのか?  革新的、繊細で優しく、かつ大胆不敵、本質を見極め、決して妥協しない。マルジェラの創造性と仕事術、その全貌が明かされる。

 

マルジェラによるデザイン画と布見本

 

マルジェラのアトリエ

 

2009年春夏コレクション

 

マルジェラ自身によるドローイング

 

『Margiela / Galliera 1989-2009』展の準備中

 

10番マルジェラ・メン。マルジェラはメンズラインを「コレクション」ではなく「ワードローブ」と呼んだ

 

初めて自身で作った服。「既にマルジェラっぽい」とは本人の談

 

四隅の白いステッチがマルジェラの目印

 

デビューショーのランウェイ

 

初期マルジェラのアクセサリー代表作の一つのコルクネックレス

 


映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』
Martin Margiela: In His Own Words
(ドイツ、ベルギー/2019年/90分/16:9/英語、フランス語)

9月17日(金)より全国順次公開
渋谷ホワイトシネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか

監督・脚本・撮影:ライナー・ホルツェマー(『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』)
撮影:トゥーン・イレハム/編集:ヘルマー・ユングマン/音楽:dEUS
出演:マルタン・マルジェラ(声のみ)、ジャン=ポール・ゴルチエ、カリーヌ・ロワトフェルド、リドヴィッジ・エデルコート、キャシー・ホリン、オリヴィエ・サイヤールほか
日本語字幕:額賀深雪
配給・宣伝:アップリンク

公式サイト Twitter facebook

© 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions