QUI

いま観るべき映画|2022年2月

Feb 2, 2022 - FEATURE
現在公開中の映画から、QUIのおすすめ作品をピックアップ。監督や出演者のインタビュー記事も併せてチェックを。今回は、2021年12月〜2022年1月の期間でご紹介。

リンボ

池内博之さん出演映画『リンボ』

香港のスラム街で起こる猟奇的な連続殺人事件を追う刑事をモノクロ映像で描く。ラム・カートンと池内博之が共演。スラム街を再現した美術も素晴らしい。ベルリン映画祭で上映されました。

監督:ソイ・チェン
出演:ラム・カートン、リウ・ヤースー、メイソン・リー、池内博之

©2021 Sun Entertainment Culture Limited. All Rights Reserved

 

▼池内博之さんインタビュー

FEATURE
池内博之 – 自分の想いを信じる
Dec 17, 2021

 

 

明け方の若者たち

2021年12月31日(金)より全国ロードショー

「私と飲んだ方が、楽しいかもよ?笑」その16文字から始まった、沼のような5年間-。大注目の実力派若手キャストと新進気鋭の監督が描く20代の青春譚。

出演:北村匠海、黒島結菜、井上祐貴、楽駆、菅原健、高橋春織、三島ゆたか、岩本淳、境浩一朗、永島聖羅、わちみなみ、新田さちか、木崎絹子、田原イサヲ、寺田ムロラン、宮島はるか、佐津川愛美、山中崇、高橋ひとみ / 濱田マリ
監督:松本花奈
脚本:小寺和久
原作:カツセマサヒコ「明け方の若者たち」(幻冬舎文庫)
主題歌:マカロニえんぴつ「ハッピーエンドへの期待は」(TOY’S FACTORY)

©カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

 

▼松本花奈さんインタビュー

FEATURE
松本花奈 – 物語に無駄を
Dec 30, 2021

 

 

私はいったい、何と闘っているのか

2021年12月17日(金)より全国ロードショー

一見平凡なこの男の脳内はいつだって戦場だ!現実と理想は遠くとも、毎日を地道に戦い続ける主人公の喜怒哀楽ジェットコースター・ムービー!

出演:安田顕、小池栄子、岡田結実、ファーストサマーウイカ、SWAY(劇団EXILE)、金子 大地、菊池日菜子、小山春朋、田村健太郎、佐藤真弓、鯉沼トキ、竹井亮介、久ヶ沢徹、伊藤ふみお(KEMURI)、伊集院 光、白川 和子
監督:李闘士男
原作:つぶやきシロー「私はいったい、何と闘ってるのか」(小学館刊)

『私はいったい、何と闘っているのか』公式サイト

©2021 つぶやきシロ―・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会

 

▼菊池日菜子さんインタビュー

FEATURE
First step — starring Hinako Kikuchi
Dec 31, 2021

 

 

異物-完全版-

2022年1月15日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

世界20ヶ国70以上の映画祭に入選、11のグランプリに輝いた<『異物』シリーズ>。エロティック不条理コメディからはじまる4つの短編をまとめた『異物-完全版-』がついに日本で上映決定。

出演:小出薫、田中俊介、石田桃香、吉村界人、田中真琴、宮崎秋人、ダンカン、高梨瑞樹、田辺桃子
監督・脚本:宇賀那健一

『異物-完全版-』公式サイト

©2021『異物-完全版-』製作委員会

 

▼田中真琴さんインタビュー

FEATURE
Adaptation — starring Makoto Tanaka
Jan 11, 2022

 

 

フタリノセカイ

2022年1月14日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開

ただ一緒に幸せになりたいと願ったフタリの十年間。結婚もできない。子どももできない。愛し合う二人の愛は可能か?

監督・脚本:飯塚花笑
出演:片山友希、坂東龍汰、松永拓野、関幸治、クノ真季子

『フタリノセカイ』公式サイト

©️2021 フタリノセカイ製作委員会

 

▼坂東龍汰さんインタビュー

FEATURE
What connects us? — starring Ryota Bando
Jan 12, 2022

 

 

麻希のいる世界

2022年1月29日(土)より渋谷ユーロスペース、新宿武蔵野館ほかにて公開

監督・脚本:塩田明彦
出演:新谷ゆづみ、日髙麻鈴、窪塚愛流、鎌田らい樹、八木優希、大橋律、松浦祐也、青山倫子、井浦新
劇中歌:「排水管」(作詞・作曲:向井秀徳)、「ざーざー雨」(作詞・作曲:向井秀徳)
製作・配給:シマフィルム株式会社

『麻希のいる世界』公式サイト

©︎ SHIMAFILMS

 

▼窪塚愛流インタビュー

FEATURE
Straight ahead — starring Airu Kubozuka
Jan 24, 2022

 

いま観るべき映画|2022年1

FEATURE
いま観るべき映画|2022年1月
Dec 29, 2021