QUI

Sakas PR が『B.LEAGUE AWARD SHOW 2020-21』のファッションディレクションを担当。

Jun 11, 2021 - FEATURE
「Sakas PR」が、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下「B.LEAGUE」)で、今シーズン活躍した選手・ヘッドコーチ、審判などの功績をたたえ、1年を締めくくる表彰・発表式『B.LEAGUE AWARD SHOW 2020-21』に出席する選手のファッションディレクションを担当した。
伝統的なきものの域を超える自由な発想で、「メンズきものテーラー」をコンセプトに掲げる<Y.&SONS(ワイアンドサンズ)>が衣装協力で参画し、スタイリングには千野潤也氏を迎えた。

年間BEST5
※マブンガ選手のみ授賞式を欠席
富樫勇樹
ニック・ファジーカス
ジュリアン・マブンガ
金丸晃輔
藤井 祐眞

 

新人BEST5
※マーフィー選手のみ授賞式を欠席
テーブス海
小酒部泰暉
増田啓介
寺嶋良
アイザイア・マーフィー

衣装は、オンライン上で開催される本イベントのキーコンセプトのひとつである「和(JAPAN PRIDE)」から発想され、和装の視覚的イメー ジを軸にしながら、上品な着物をフルレングスのコートに見立てて羽織るなどの新鮮なスタイリングから、「和」を想起させる素材感や柄と組み合わせたタイドアップのモダンなタキシードまで、「ハレ」の日のドラマを演出するかさね着の魅力を引き立たせたミックススタイルをベースにしたドレスアップで選手たちを彩った。

神田明神を会場に、リアルとバーチャルが融合するダイナミックな演出、ビジュアルディレクションと共鳴する、和柄のモチーフがスタイリングの要所に添えられた。
日本人が親しみをもつ伝統的なイメージは、創立5年目を迎えたリーグで闘い抜き、コロナ禍においても多くのバスケットボールファンに力を与えた日本のバスケットボール界を牽引するプレイヤーを祝福するとともに、B.LEAGUEの未来を切り拓くシンボルとして再解釈されたものである。

今回特別に撮り下ろされた写真は以下の画像一覧から見ることができる。

https://www.bleague.jp/

All Photo
  • Style : Junya Chino
  • Hair and make-up : Taro Yoshida (W)
  • Photograph : Genki Nishikawa (MILD inc.)
  • Fashion direction : Sakas PR

NEW ARRIVALS

Recommend