QUI

公園を拡張したようなカフェベーカリー「Parklet」1月20日(木)日本橋にグランドオープン。

Jan 22, 2022 - NEWS
「日本で本当においしいサワードウブレッドの店を作りたい」という思いのもと始動したカフェベーカリー。焼きたての天然酵母パンと地球環境に配慮したコーヒーを提供。

<Parklet(パークレット)>は、サンフランシスコで人気を誇るベーカリー、タルティーンベーカリー(Tartine Bakery)を担うタルティーンレストラングループの経営に携わったケイト(Kate Jaksich)と、カリフォルニアキュイジーヌを確立した名店、シェパニース(Chez Panisse)で経験を積んだジェイジェイ (Jerry Jaksich)が監修した天然酵母パンや、こだわりの農家さんから仕入れた野菜を使った食事、地球環境に配慮したコーヒー、ナチュラルワインなどが楽しめるカフェベーカリー。「日本で本当においしいサワードウブレッドの店を作りたい」という思いのもと始動した。

◆Parkletについて
隣接する堀留児童公園側に大きくガラス張りの窓を配し、公園の木々を眺めながら食事を楽しむことができる店内には、ケヤキの大木で造られた大きなテーブルを設置し、キッズ席も用意していて、店内奥にはギャラリースペース「堀留画廊」を設けており、アーティストの作品を展示している。また、カウンター横のグローサリーでは、自家製のジャムやナチュラルワインを購入することもできる。

店名の「Parklet(Park-let / パークレット)」は小さな公園、憩いの場、坪庭を意味し、カフェベーカリーと公園との接面に家具やアートを設置することで、公園の一部のような公共性の高い空間として利用される場所になって欲しいという思いを込められている。

◆提供メニュー
パン・食事
ジェイジェイとケイトが愛する伝統的なカリフォルニアのベーカリー文化を表現し、地域で働く人々や子ども連れの家族までおいしく安全に召し上がっていただけるパンや料理を朝から夕まで終日提供している。
天然素材を使用した「パークレットカントリーブレッド」は、ごま・オリーブ・生姜とフルーツなど多様な種類を揃え、表面はカリカリ、中はもちもちとした食感で、程よい酸味やジューシーさを楽しめる。
カフェスペースでは、パークレッドカントリーブレッドを使用したオープンサンドイッチ、こだわりの農家さんから仕入れた野菜を使用したサラダやスープなど、素材の味を優しく引き出すメニューを多数用意。そのほか、バナナブレッド、スコーン、クッキーなど多数のペストリーを用意している。

[パン]
パークレットカントリーブレッド(小・大)
ごまパン、オリーブパン、レーズンパン、チーズパン、生姜とフルーツのパン、くるみパン

[ペストリー]
バナナブレッド、さつまいもとホワイトチョコレートのマフィン、カレンツとローズマリーのスコーン、ジンジャースコーン、シナモンロール、オートミールクッキー、ピーナッツバター味噌クッキー、パークレットビスコッティ

コーヒー(Overview Coffee)
栽培方法を見つめ直し、土壌の再生と気候変動問題の解決へ寄与することをミッションにポートランドで発足したスペシャルティコーヒーロースター Overview Coffeeの日本焙煎所(広島県尾道市瀬戸田)で焙煎されたコーヒーを提供。
環境保護に情熱を燃やすプロスノーボーダーAlex Yoderによって設立されたOverview Coffeeは、地球温暖化の抑制に対して最も効果的と言われるリジェネラティブ・オーガニック農法、または同農法に切り替えを検討している農家によって生産された豆を専門に扱っている。

Overview Coffee Japan WEBサイト:https://overviewcoffee.jp/
Overview Coffee Japan Instagram :https://www.instagram.com/overviewcoffeejapan/

ナチュラルワイン・クラフトビール・グローサリー
店内では、食事に合わせて厳選されたナチュラルワインやクラフトビールを終日楽しめる。また、ボトルでのワインやビールのテイクアウトや自家製のグラノーラ、ジャム、ナッツバターも取り揃えている。

<Parklet>
住所    :東京都中央区日本橋小舟町14-7 1F
アクセス  :東京メトロ銀座線三越前駅徒歩7分、東京メトロ日比谷線人形町駅徒歩6分
営業時間  :8時30分~16時30分
定休日   :日曜・月曜
Instagram :https://www.instagram.com/parkletbakery/

NEW ARRIVALS

Recommend