QUI

テラスモール湘南でアートをめぐる・湘南の特産や風景を表現した「テラスアート 2022」Vol.3 開催スタート。

Oct 17, 2022 - NEWS
テラスモール湘南は、街にひらかれた小さくてユニーク なミュージアムをつくる The Chain Museum との共同企画として、湘南の「人・自然・地域」に焦点をあて、厳選されたアーティストによって生み出されたアート作品を館内に展示するプロジェクト「テラスアート 2022」を 2022 年 10 月 1 日(土)から開催している。
また、自然と共生する新しい価値・文化を発信し、次世代を担うアーティストの発掘を目的とした一般公募型企画 「テラスアート湘南アワード」の受賞作品も同時期に展示。

テラスアートの特徴はアーティスト自身が実際に湘南の街をリサーチしたうえでサイトスペシフィックな作品を制作していること。湘南が本来持っているあらゆる要素をアーティスト独自の目線でピックアップしてアート作品として表現している。

今回初の試みとして実施した一般公募型企画「テラスアート湘南アワード」では合計数百人のアーティストから応募が集まり、アートの世界で活躍する 3 名の審査員による厳正な審査で選ばれたグランプリ及び準グランプリの 2 作品が館内に展示される。
「テラスアート 2022」 Vol.3 開催概要
・イベント名:テラスモール湘南「テラスアート 2022」 https://shonan.terracemall.com/terrace_art_2022/
・開催期間
<Vol.3>2022 年 10 月 1 日(土)~12 月 25 日(日)
・実施内容:
以下 2 つのテーマに分けて展示
<リサーチ PJ>アーティスト自身が湘南周辺をリサーチし、湘南エリアならではのサイトスペシフィックな作品を制作
参加作家名: 赤松 加奈
作品コンセプト「自然と共生する日常の風景」
特産品である「湘南ゴールド」をテーマに、鮮やかな色彩を使った絵画作品を展開。 湘南ゴールドの生産する場へのリサーチに基づく、自然と共生する動植物や人々に焦点をあてる。 ひとつの作品の中にさまざまな色とかたちを呼応させ、日常の風景を色彩豊かに切り取り作品化する。

<コミュニケーション PJ>アートプログラムを通じて、テラスモール湘南のお客様とコミュニケーションの場を創出する一般参加型作品を制作
参加作家名: 李 知恩
作品コンセプト 「湘南物語 Our City」
湘南・辻堂の街並みから、作家の視点を通して作品化されたもの。 いつもの景色を作家の視点を介して童話の風景のように昇華させ、湘南の新しい物語を紡ぐ。「ここが物語の中なら、どんなところだろう?」今まで練り歩いてきた見た街中の風景を、童話の中に登場させ、作品とする。この物語は、湘南の日常を、物語の中で再現したものだ。物語の登場人物は現実にはいないけれど、人が 思い出の中に持っている姿として、かたちを与えている。 この物語の場面は、「辻」、すなわち交差点の一瞬を捉えている。信号を待つ時間の辻堂の人々の一瞬をそのまま 物語の中としてつめこんだ。この街にある、一瞬の風景を、一瞬の物語として、彫刻化する。
・当作品の参加方法
来場者とともにつくりあげる参加型「Our City!」作品。ひとりひとりの参加によって、作品が徐々に構築されていく。 (1)ボックス内にある数種類の色・大きさのシールを 1 つ選ぶ。 (2)下地に描かれているガイドラインの色にあわせてシールを貼る。

一般公募型企画 「テラスアート湘南アワード」 開催概要
湘南の自然・時間・カルチャー・ライフスタイル・サスティナビリティなど、湘南ならではのサイトスペシフィックな要素から 設定したテーマ「Shonan Nature」に沿った作品を募集。
審査員による厳正な審査の末に「グランプリ」「準グランプリ」が選出。受賞作品はテラスモール湘南の館内に展示されている。 https://shonan.terracemall.com/terrace_award_2022/
展示期間
2022 年 10 月 1 日(土)~12 月 25 日(日)
・グランプリ受賞作品
受賞者:渡部 未乃(Mino Watabe)
タイトル:波を見る#3
コンセプト:湘南の海をモチーフにドローイングを重ね、形をそぎ落とし直線的に描くことで、自然と人工、有機と無機、 具象と抽象といった対照的な位置関係にあるものの中間に存在しているような絵画を描いた。
・準グランプリ受賞作品
受賞者:ローレ・ジュリアン(LAURE JULIEN)
タイトル:Tsukumogami
コンセプト:付喪神(Tsukumogami)とは、道具に宿る神のこと。 持ち主にもう一度気づいてもらおうと動きだし、騒ぎ始める、古く壊れた物の妖怪。本コレクションはそんな付喪神の物語 から着想を得ている。東京、神奈川のあちこちのリサイクルショップやフリーマーケットから集められた物や織物を、衣服やアクセサリーへと作り合わせることで、物たちに魂と用途を蘇らせる。そして救われた物たちを生まれ変わらせるのは、同じく忘れ去られたり、軽んじられたりしてきた伝統の技。 ろくろ首、百々目鬼、二口女、シーサー、化け草履、のっぺらぼうなどの目や舌、曲線などの形にみられるような妖怪全 体に健在する美的感覚をもとに、彼らに内在する可変性やセクシュアリティの要素を混ぜ合わせている。さらにスポーツ ウェアの要素を組み入れて、作品は機能的で可変的。ディテールが変形を可能にし、流動的でダイナミックなシルエットは、妖怪たちが集まり騒がしい湘南の海に溶け込んでいくよう。

The Chain Museum
公式 HP:https://t-c-m.art/

テラスモール湘南
公式 HP:https://shonan.terracemall.com/
住所:〒251-0041神奈川県藤沢市辻堂神台1丁目3−1
アクセス:横浜から約 25 分、小田原から約 29 分(日中平常時、東海道本線利用)

NEW ARRIVALS

Recommend