QUI

2022年1月14日にカフェバースタイルの「UNI COFFEE ROASTERY横浜関内南」がオープン。

Jan 17, 2022 - NEWS
70's〜のJazzやFunk、soul music、R&BをBGMに、通常のカフェメニューに加えて、およそ50種類のアメリカ産のクラフトビールも愉しめる。

<UNI COFFEE ROASTERY(ユニ コーヒー ロースタリー)>は2022年1月14日、JR京浜東北線・関内駅近くに「UNI COFFEE ROASTERY横浜関内南」をオープンする。ターンテーブルから流れる70’s〜の音楽に身を委ねながら、通常のカフェメニューに加え、およそ50種類のアメリカ産のクラフトビールも愉しめる、これまでのUNI COFFEE ROASTERYとは異なる新しいコンセプトのカフェバースタイルのお店となっている。

・レコードから流れる心地よい音楽に身を委ね、コーヒーの香りを楽しめる「聞香空間」
本来は香木などの香りを心を落ち着けてゆっくりと味わうという意味の「聞香」という言葉だが、こだわりの機材から流れるレコードの温かみのある音楽に浸り、珈琲の香りを堪能できる店舗という意味で「聞香」をお店のテーマにしている。


また、コーヒー一杯をじっくり、ゆっくりと楽しんでいただけるようドリップコーヒーは、シンプルで洗練されたデザインが特徴のアメリカ製のFire-King(ファイヤーキング)のマグカップにて提供。

・厳選した70’s〜のJazzやFunk、soul music、R&Bなどが流れる至福の音楽空間
UNI COFFEE ROASTERY横浜関内南を訪れた際にはぜひ、満喫していただきたいのがBGM。使用するターンテーブル、アンプ、スピーカーといった機材は個々の性能はもちろん、組み合わせ、配置に至るまで細かくこだわって選定、店内を至極の音響空間に仕上げている。

機材情報
ターンテーブル MICRO BL-111
アンプ      LUXMAN L-530 / DENON PMA-390IV
スピーカー        JBL MODEL 4344
これらこだわりの機材から流れる音楽は70’s〜のJazzやFunk、soul music、R&Bなど。年配の音楽好きの方なら思わず口角が上がる、若いお客様にとっては斬新かつ新鮮に感じる名曲や傑作曲を選曲し、”懐かしいが新しい”音楽を楽しめる。

・およそ50種類のアメリカ産のクラフトビールもご用意
UNI COFFEE ROASTERY横浜関内南のもう一つの特徴として、本ブランドで唯一、アルコールメニューを提供している(2022年1月14日現在)。


およそ50種類におよぶアメリカ産のクラフトビールをご用意し、アルコールのご提供とあわせて、ミートテリーヌや生ハムのカプレーゼなどの前菜(APPETIZER)も提供している。好きなビールを片手に、厳選された音楽に身を委ねるというUNI COFFEE ROASTERYの新たな楽しみ方を味わう事ができる。

・1階はペット同伴OK! Wi-Fiと電源も完備
もちろん、従来のUNI COFFEE ROASTERYのカフェメニューもオンリスト。いつものUNI COFFEE ROASTERYと同様に散歩や買い物帰り、友人や知人の方などと”カフェタイム”楽しむこともできる。なお、1階まではペット同伴可、Wi-Fiは全館、2階には電源(コンセント)を用意しており、極上のBGMを聞きながら、勉強や仕事をするスペースとして店内を活用することもできる。

<UNI COFFEE ROASTERY 横浜関内南口>
〒231-0032
神奈川県横浜市中区不老町1−5−2 ムラタビル
https://goo.gl/maps/Ayf57BxKKYUXfBpW9

●JR 関内駅から徒歩5分
●横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅から徒歩7分
●みなとみらい線 日本大通り駅から徒歩10分

UNI COFFEE ROASTTERY 公式サイト
https://unicoffeeroastery.jp/

Recommend

aaaaaaaaa