QUI

ジミー チュウと藍の作り手ブアイソウ との日本限定コレクション販売。

Jul 21, 2022 - NEWS
<JIMMY CHOO(ジミー チュウ)>は藍の本場である徳島県上板町に拠点をもつ<BUAISOU(ブアイソウ)>との日本限定コレクションをローンチ。そのラグジュアリーなデザインと藍染のクラフツマンシップが出会って生まれたカプセルコレクションは13のスタイルからなり、ジミー チュウのアイコニックなLOVEパンプスやBON BON BUCKET のバッグを含むウィメンズとメンズのバッグ、シューズ、小物で発売。

このジミー チュウ / ブアイソウ のカプセルコレクションは、日本限定、個数限定で展開、ジミー チュウ銀座、表参道、心斎橋大丸、福岡岩田屋、公式オンラインブティックで本日から販売開始され、銀座店や表参道店には、コラボレーションをイメージした、ブアイソウが藍で染めた檜のウッドチップが敷き詰められ、藍色のウッドパネルや暖簾がウインドウを飾り、コラボ商品を引き立てる。
また、ジミー チュウ表参道では今回のコラボレーションからインスピレーションを得たオリジナルドリンクを、7月30日、31日の週末11:00~20:00に来店者へサービスする予定。

JIMMY CHOO / BUAISOU – ドリンクサービス
店舗:ジミー チュウ表参道店
日程:7月30日(土) , 31日(日) 11:00-20:00 予定
内容:店舗来場者に、コラボレーションコレクションをイメージしたオリジナルのドリンク(瓶に入ったもの)をプレゼント。※両日ともに数に限りあり、なくなり次第終了。

クラフツマンシップを促進し、守ることはジミー チュウ にとっては不可欠なことで、ブアイソウ もまたその伝統的な藍染に一身をささげている。ブアイソウは、天然藍の栽培から染料となる蒅(すくも)の生産から染色、仕上げまでを一貫して手がける世界的に注目を集めている藍の作り手。江戸時代から現代に至るまで、藍の生産の中心である徳島県上板町を拠点に活動しています。その歴史的な意味合いと、藍染の生地の自然の美が、今回の見事なコレクションのインスピレーションの源となった。

使えば使うほど表情が出て、経年変化の風合いも楽しめるのが藍染めの良さ。また、その時間と手間がかかる生産プロセスが、その作品を手にした顧客に伝わり、その変化をケアして大切に楽しむことができる。「大量に作れるものはすぐに消費されてしまう。毎日でも、何年でも使ってもらえる製品を僕たちは作っていきたい。」と、ブアイソウ代表の楮(かじ)氏は語っている。

今回のエクスクルーシブなカプセルコレクションを完成させるために、上板町の工房で手染められたおよそ160mのリサイクルコットンの生地がジミー チュウのイタリアの工場へと渡り、職人らの手によって他には類を見ない、美しいシューズとハンドバッグ、小物へと生まれ変わったのだ。

「ブアイソウの藍染のプロセスに心を奪われました。細部へのこだわりと情熱はジミー チュウと共通するものがあります。」―クリエィティブ・ディレクター、サンドラ・チョイ

コラボレーションの特設オフィシャルサイトは以下のリンクから見る事ができる。

JIMMY CHOO
https://www.jimmychoo.jp/ja/buaisou-collaboration.html

https://www.jimmychoo.jp/ja/home
BUAISOU
https://www.buaisou-i.com/store

NEW ARRIVALS

Recommend