QUI

コスメティクスレンズブランド「I am me」がオープン。

Jan 11, 2022 - NEWS
業界初、デザイン・カラー・サイズを組み合わせて66通りから選べるカラーコンタクト。

デザイン・カラー・サイズを組み合わせて自分らしい瞳を表現できる”業界初”のコスメティクスレンズブランド<I am me(アイアムミー)>を2022年1月18日にオープンする。

<I am me>は、もっと自分らしい瞳を肯定しながらコスメのようにコンタクトが選べるようにと「コスメティクスレンズ」をコンセプトに掲げ、憧れの誰かを追い求めるのではなく自分らしい瞳を見つけてほしいと願い誕生。
画一的な理想にとらわれることなくデザイン・カラー・サイズの組み合わせ66通りから自分らしい選択が可能。なお1月18日リリース予定の専用アプリでは、パーソナル診断とバーチャルフィッティングによって自分に似合うアイテムを見つけられる。



ベーシックラインとアドバンスラインの二種類に分けて展開。

<ベーシックライン>

MARU-MARU
<I am me>のベーシックデザインの中で最もナチュラルさ を重視したデザイン。瞳を自然に大きく、裸眼より少しだけ色素が薄くなり優しい目元の印象を演出するレンズ。最外径を柔らかいぼかしふちにすることで白目との馴染みを良くし、より裸眼に近いナチュラルな目元 を作ることを目的にしている。
他にも、最も目がくりっと見えるデザインKURI-KURI、光があたったときに瞳が輝いたように見えることが特徴のSIZU-SIZU、<I am me>のデザインの中で最も色味が落ち着いているHAKI-HAKIなどのデザインがある。

<アドバンスドライン>

・KIME-KIME
他のレンズと異なり、着色直径が裸眼よりも小さいレンズデザインで自分の瞳でフチを作るレンズ。高発色だが、自分の瞳を活かすデザインなので装用するとレンズ単体で見るカラーよりも目に馴染み、<I am me>の中では最もファッショナブルかつエッジの利いたデザイン。モードなスタイルが好きな人向け。

【広告】
一重・二重・三重・三白眼など、様々な瞳をもった女性たちを「リアルアイズモデル」として複数起用し、画一的な理想にとらわれない「アイポジティブ」な価値観のもとで楽しんでいる様子を表現している。
・屋外広告:1月10日〜1月23日 東京メトロ表参道駅掲出
※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください

WEBムービー:1月10日〜 WEB上で公開
URL:https://youtu.be/gd-DcdZmLPs 

<I am me>
公式サイトhttps://comingsoon.iamme.jp/

Recommend

aaaaaaaaa