QUI

デザインプロジェクト elements による企画展示が2会場同時開催。

Nov 21, 2021 - NEWS
ものをつくるプロセスに存在する現象や要素を探究するプロジェクト「elements」の企画展示が開催される。

Profile
elements

建築家の井上真彦、アートディレクターの置田陽介、グラフィックデザイナーの横山道雄の3人が、2015年にスタートしたプロジェクト。自然の現象や素材、人間の知力や経験、文化や風習、道具や技術、五感や意識など、あらゆる要素=エレメンツの存在に気づき、自分たちがそれらを動員しながら、ものをつくり生きていることを認識することが、このプロジェクトの核でもあり、「私たちがこの世界とどのように関わってきたかを解剖し、自分たちも世界のひとつのエレメントであることを実感する試みでもある」と3人は言います。昨今の社会情勢や環境下においてのものづくりやデザインを考える上でも、その普遍的な側面を能動的に探ることは、脈々と続いてきた営みの中で培われた人間らしい行為として向き合うことにもなるでしょう。(なお、現在進行中の第3弾テーマは「CLIMATE 気候/風土」です。)
elementsウェブサイト:https://elements-p.net  インスタグラム:@elements_project

「elements(エレメンツ)」は、井上真彦(建築家)、置田陽介(アートディレクター)、横山道雄(グラフィックデザイナー)の3人が、ものづくりのプロセスにおいて、私たちのまわりに存在する様々な現象や要素を探求するプロジェクトです。人間がものをつくる動機や根源に繋がるテーマを選び、フィールドワークやリサーチ、実験、ディスカッション、ときには遊びを交えながら思考を重ね、オブジェやプロダクトを通じて提示している。

第1弾のテーマ「火」から生まれたプロダクトが「FIRE MOLDING」。北欧発祥の焚き火スタイル「SWEDISH TORCH」を実践したときに、メンバーの置田が、燃え切った後の丸太に残った穴を吹きガラスの木型として利用することを発想。丸太の痕跡にガラスを流し入れて冷めるとその痕跡が個体になって現れるのを生かし、火がつくりだす有機的なフォルムを楽しめる一点もののプロダクトとして製作・販売している。

本展では、「FIRE MOLDING」の展示販売と、第2弾のテーマ「積む/束ねる」のプレゼンテーションを、隣接する2会場(東京・渋谷)で同時開催する。

2つの異なるテーマの成果を紹介する本展では、彼らの多様な視点と、ものづくりに対する思考の過程を追体験できると同時に、ものに触れながら生きている私たちひとりひとりも、世界のエレメントのひとつである実感が湧くに違いない。

【同時開催】elements 02 STACK AND BIND|FIRE MOLDING 火が生み出すかたち
会期:2021年12月3日(金)-12月18日(土)
閉廊日:日曜日
時間:12:00-19:00
会場: (PLACE) by method|CIRCLE
住所:東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14|#16
地図:http://goo.gl/maps/nzyvr
電話番号:03-6427-9296
主催:method inc.

Recommend