QUI

GWを原宿で満喫。カルチャーが融合する特別なイベントを開催。

Apr 11, 2022 - NEWS
株式会社ビーアットは、自社が運営するコミュニティスペース「BE AT STUDIO HARAJUKU(ラフォーレ原宿6F)」にて4月29日(金)〜5月8日(日)のGW期間中、アート・音楽・ファッションなど多様なカルチャーを融合した体験型イベントを開催する。

コミュニティスペース「BE AT STUDIO HARAJUKU(ラフォーレ原宿6F)」にて4月29日(金)〜5月8日(日)のGW期間中、アート・音楽・ファッションなど多様なカルチャーを融合した体験型イベントを開催する。

・アーティストの感性に触れる
<illmatic sence vol.3>
BE AT TOKYOが仕掛けるプロジェクト「illmatic sence(イルマティック センス)」。その名の通り「ヤバいセンス」を意味する本企画では、ミュージシャン・スタイリスト・デザイナーなど、様々なジャンルの表現者が、自らのセンスで古着を選定。ピックアップした古着は期間限定で購入ができる。2022年初の開催となるillmatic senceでは、サーフィン、スケートを通して、いま自分たちが着たい服、自分たちのスタイルを音楽やアート、メッセージとともに発信するBEAMSの人気レーベル「SSZ(エス エス ズィー)」のディレクター加藤忠幸と、つまみになるグッド・ミュージックを奏でる4人組バンド「YONA YONA WEEKENDERS」がセレクターとし参加することが決定。また、イベント期間中は両者がコラボレーションしたSSZスペシャルアイテム2型の発売に加え、5月5日(木)にはYONA YONA WEEKENDERSによる、無料インストアライブも予定している。


加藤忠幸
1973年生まれ。神奈川県出身。大学卒業後、ビームスに入社。販売スタッフ兼アシスタントバイヤーを経て、2012年よりSURF&SK8の担当バイヤーに。2017年、オリジナルブランド「SSZ」を立ち上げ、デザイナー兼ディレクターとして活躍。加藤農園の4代目として、野菜農家としての併せ持つ。
Instagram:@katoyasai(https://www.instagram.com/katoyasai/

YONA YONA WEEKENDERS
“ツマミになるグッドミュージック” を奏でるメロコア・パンク出身の4人組バンド。
Vo. 磯野くんの表現力豊かな歌声と骨のあるバンドサウンド、長きにわたってアンダーグラウンドなシーンの最前線で活躍した彼らが作りだすステージは必見。人気フェスへの参加や、有力プレイリストに続々入るなど、その勢いは止まらない。バンド名はメンバー全員、平日は会社員として働き、夜な夜な週末にバンド活動をおこなっていたことが由来。2022年4月7日にはNew Single「夜行性 feat. 蔡忠浩(bonobos)」の配信リリースと1stアルバムの限定盤LPの発売を予定。
▼4/7リリース配信シングル情報
YONA YONA WEEKENDERS
New Single「夜行性 feat. 蔡忠浩(bonobos)」
2022年4月7日配信リリース
https://jvcmusic.lnk.to/yyw_yakosei  ※URLは4月7日0時より有効。

▼4/7リリースLP情報
YONA YONA WEEKENDERS
1st Full Album 「YONA YONA WEEKENDERS」(LP)
2022年4月7日(木)発売
品番:VIJL-60267
税込価格:¥4,400
仕様:1LP / カラー:クリアオレンジ ※初回限定生産
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIJL-60267.html

<収録内容>
A1.思い出in the sky
A2.終電で帰ります
A3.Open your eyes
A4.リルバズ
A5.Good bye
B1.泡沫の夢
B2.いい夢
B3.Night Rider feat. 荒井岳史(the band apart)
B4.Tick Tack
B5.光の中

CD:https://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A026624/VICL-65586.html
Streaming & DL:https://jvcmusic.lnk.to/YONA_YONA_WEEKENDERS

▼イベント情報
YONA YONA WEEKENDERS presents「INGING TOKYO vol.02」
日時:2022年4月15日(金) open 18:15 / start 19:00
会場:Veats SHIBUYA
出演:YONA YONA WEEKENDERS / bonobos
https://eplus.jp/yyw0415/

・アートで心を豊かに
<KAITO FUKUI SUPER SPECIAL POP UP SHOP>

幼少期からサーフィンとスケートに傾倒し、デジタルネイティブの感覚を武器に、“グラフィックのような絵画作品”を得意とするアーティスト福井海東。これまで揺らめく花をモチーフにした“イデア フラワー”シリーズを発表し、今注目を集める若手アーティストの一人である。2022年4月28日(金)より新作の展示に加え、争奪戦必須のグッズを多数発売する。

グッズ詳細など最新情報はBE AT TOKYO WEBサイトより随時更新。ぜひチェックして欲しい。

KAITO FUKUI
1997年、東京都出身。幼少期からサーフィンとスケボーに傾倒し、高校卒業後にはビームスのサーフ系アパレルショップ「PILGRIM SURF + SUPPLY(ピルグリム サーフ+サプライ)」での販売を経験。その後、独学でのグラフィックをスタートさせ、「NIKO AND…(ニコ アンド)」や「FRUIT OF THE LOOM(フルーツ・オブザ・ルーム」などにデザインを提供。現在は絵画に転向し、複数のアパレルブランドとのコラボレーションを発表。レイヤーが重なる優しく繊細なタッチが人気を集めている。
Instagram:@kaito_fukui(https://www.instagram.com/kaito_fukui/

<EPOCH Floral Studio Workshop&Limited Sore>

イベント最終日の5月8日には、都内にアトリエを構えるEPOCH Floral Studioによる、1日限定のフラワーショップがオープンする。母の日当日ということで、ギフトにもぴったりの手に取りやすい一輪ラッピングから、華やかで特別感のあるブーケ、セレクトしたフラワーベースまで幅広いラインナップをご用意。普段伝えられない感謝の気持ちをお花に込めて贈ってみてはいかがだろう。
また当日は、花瓶に直接お花をいけていく”投げ入れ”スタイルのワークショップを開催する。母の日にちなみ、カーネーションをメインとした花材が揃う。今回使用する花器には、KAITO FUKUIデザインのワンパイントグラスを使用し、イベントならではのアレンジメントを楽しむことができる。
フローリストSumireから直々に、バランスよくお花を生けるポイントや、グラスといった日用品を使ったアレンジメントを学ぶことができる。パイントグラスとセットでラッピングし、レッスン終了後にお渡し。事前予約制となっており、EPOCH Floral Studio WEBサイトにて、4月13日(水)より参加予約を開始する。

【ワークショップ概要】
参加費:7,700円(税込)
予約サイト:https://www.epoch-floralstudio.com/

EPPCH Floral Studio
「お花教室で癒しの時間を。」
都内アトリエにてフラワーアレンジメントの教室を運営しているフリーランスのフローリスト。花と触れ合う豊かな時間やワクワクする感覚を共有したいという想いから、2019年に開業後、3年間休まずレッスンの開催を継続中。
Instagram:@epoch_floralstudio(https://www.instagram.com/epoch_floralstudio/

・トレンドの街、原宿でファッションに出会う
<TENTO meets TAKESHI WADA POP UP SHOP>

全ての過程をデザイナー自らハンドメイドでつくる、ニットブランド「Tento(テント)」。普段はPOP UP SHOPを中心に、不定期に発売しているTentoが、GW中のBE AT STUDIO HARAJUKUにて出店することが決定。一点物ならではの、愛着が湧くアイテムが揃う。また、今回は大阪を拠点とし、アーティスト、イラストレーターとして活躍する「TAKESHI WADA(タケシ ワダ)」とのコラボレーションアイテムも発売予定。
Instagram:@tento_jp(https://www.instagram.com/tento_jp/?hl=ja

TAKESHI WADA
1992年 大阪府 生まれの アーティスト、イラストレーター。
16歳の頃、父の影響で始めたサーフィンをきっかけにサーフカルチャーやアートに触れ、映画や音楽、建築物、インテリアなどか色濃く作風に影響を与えている。現在までにCOZY Coffee Spot、BROOKLYN ROASTING COMPANY、Nick Jerkeyでの個展やPOWWOW JAPANのグループショウの参加。WE WANT、kojikoji、COZY Coffee Spot、会員制レストランGATSBY、Go To Hollywoodなどへのアートワークの提供。生まれ故郷である岸和田市の記念品イラストレーションを担当している。
instagram:@takeshiwada_(https://www.instagram.com/takeshiwada_/?hl=ja

<Newtral  POP UP SHOP>

「ライフスタイルや、趣味はメンズライクだけど、毎日身なりを整えて、女性らしさを忘れない女性へ。」ロサンゼルスの街、カルチャーにインスピレーションを受け落とし込み表現をしたブランド「Newtral  (ニュートラル)」が出店。
instagram:@_newtral(https://www.instagram.com/_newtral/?hl=ja

<開催概要>
開催期間:2022年4月29日(金)〜8日(日)
会場:BE AT STUDIO HARAJUKU
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F
営業時間:11:00〜20:00(ラフォーレ原宿の営業時間に準ずる)

株式会社ビーアット
WEB:https://be-at-tokyo.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCIpgmOz2ULQ5APTEsYS9v9g
Instagram:@be_at_Tokyo(https://www.instagram.com/be_at_tokyo/?hl=ja
Twitter:@BE_AT_TOKYO(https://twitter.com/BE_AT_TOKYO

■BE AT STUDIO HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F
電話:03-4400-6716
営業時間:11:00〜20:00
定休日:ラフォーレ原宿の定休日に準ずる

Recommend