QUI

matohu

マトウ
2005年-
Designer - 堀畑裕之 / 関口真希子
matohu「まとふ」と書いて「まとう」と読むには2つの意味が込められている。 一つは日本語の「まとう」。 身体を包み込むように軽やかに身にまとう服。 もう一つは「待とう」。 消費して捨て去るのではなく、自分らしい美意識が成熟するのを待とうという呼びかけ。 「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに、歴史や文化、風土から生まれるデザインを、日本人らしいオリジナルなスタイルで発信し続けている。 2006年に一般社団法人日本ファッション・ウィーク(JFW)に参加。以後東京コレクションで発表、2009年には毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。2011年7月、直営店表参道本店を開店し、2013年インターナショナル・ウールマーク賞を受賞、日本代表に選出。2021年には直営店表参道本店を移転しmatohu椿山を開店する。

Collections

Brand Stories