QUI

yoshiokuboとReebokが初コラボ。“和”の要素を落とし込んだスニーカーが登場。

Oct 1, 2020 - FASHION
Reebok(リーボック)とyoshiokubo(ヨシオクボ)が初のコラボレーション。リーボックを代表するスニーカーをベースに採用したスペシャルモデル「Reebok × yoshiokubo(リーボック × ヨシオクボ)」を、2020年10月9日(金)に発売。

今回登場するシューズは、独創的なカッティングやグラフィックデザインで世界的に注目を集める、日本発のメンズファッションブランド「yoshiokubo」と初のコラボレーションモデル。
リーボックを代表するアイコンモデル「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」と、今年35周年のアニバーサリーを迎えた「CLUB C(クラブ シー)」をベースに採用。
今年1月に開催されたパリでのランウェイショーにてお披露目され、大きな話題を呼んだ。
今作の2つのモデルでは、日本の伝統的な文化要素をデザインに落とし込んでいます。このデザインには、日本が誇る古くからの文化について、より多くの人に興味を示して欲しいというデザイナーの久保嘉男氏の願いが込められている。

最も注目すべきポイントは、ヒールに施された誰にも模倣できないフォントで描かれた「リーボック」の文字。
墨汁と筆で書かれたようなカタカナのカリグラフィーは、日本をはじめ東洋の伝統や美学の一つでもある「書」をイメージしている。
この文字は、本コラボレーションを行うにあたり、久保氏の父親が筆を取って書き下ろしたものだ。
墨汁が持つ特有の深みは、様々な”黒”を表現することに長けていると久保氏は感じており、今作では「リーボック」のブランド名だけにとどまらず、墨汁がはねたようなデザインを施したソール部分や、アッパーなどボディ全体に”ボクジュカラー”を採用し、ムラ染めしたような奥行きのあるカラーリングを実現した。

INSTAPUMP FURY OG – YKGF(インスタポンプフューリー YKGF)
●品番/カラー:[FY3044]ブラック/ホワイト/ブラック
●サイズ:22.0cm~31.0cm
※22.5cm と30.5cm の展開はございません。
●自店販売価格:¥22,000(税込)

CLUB C 85 – YKGF(クラブシー 85 YKGF)
●品番/カラー:[FY3038]ブラック/ホワイト/ブラック
●サイズ:22.0cm~31.0cm
※30.5cm の展開はございません。
●自店販売価格:¥15,400(税込)

●発売日:2020 年10 月9 日(金)
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名
古屋みなとアクルス)
・リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/
・Rakuten Fashion(https://brandavenue.rakuten.co.jp/ba/shop-reebok/
・Locondo(https://www.locondo.jp/shop/in-shop/SREB1055D
・atmos-tokyo.com / Billy’s 各店/KICKS LAB. / mita sneakers(※FY3044 のみ)/ LOVELESS / MIDWEST / Sneakersnstuff Tokyo Store / UPTOWN Deluxe
・yoshiokubo OFFICIAL WEBSITE(https://yoshiokubo.jp