QUI

SHOOPが21AWコレクションを発表。テーマはトランスフォーメーション。

Mar 21, 2021 - FASHION
SHOOPが2021年秋冬コレクションをRakuten Fashion Week Tokyoにて発表した。
本コレクションは、トランスフォーメーションがテーマ。

トランスフォーメーションの象徴である蝶々をグラフィックに使用。
ランウェイ動画は、スペインのBandiz Studioが制作し、Paty Abrahamssonがクリエーティブディレクションを手掛けた。
ロケーションは、La Mosca Madridで撮影。
コレクションは、オーバーサイズなコート、テーラードジャケット、ナイロンジャケット、ニット、アニマルプリント
やパッチワーク、デニムなどで構成させれている。
また、ヘアーメイクコレクティブ、X-presion creativosとコラボしてヘアエクステを手編みで編み込んだ帽子や Bespoke
デニムブランド、Haruhito Jeansと今後の未来は大量生産と大量消費というサイクルに終止符が打たれる世界の未来を
想像し、100年着用すると…という仮説をたて 30工程以上に及ぶ中古加工を施し劣化の美しさをSHOOPの輪郭に添え
て表現したデニムのカプセルコレクションを発表。
メインの生地そして補修の当て布は二重刺し子を用いるなど日本製の生地のみを使用。劣化することを前向きに捉え 1
つの洋服に愛着を持って修復を繰り返しながら長く愛用することを美徳とする未来の訪れを表現。

 

コレクションの全貌は以下から見ることができる。
SHOOP 2021AW COLLECTION

Recommend