QUI

大北幸平氏をデザイナーに迎えた「Reebok eightyone」の新作が登場。

Aug 24, 2020 - FASHION
Reebokは、2020年春夏シーズンより、VAINL ARCHIVEの大北幸平氏をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にしたスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」の発売を開始した。
今作は春夏のファーストコレクションに続く、セカンドシーズンのコレクションとして、リーボックのポンプシリーズより「PREMIER PUMP PARIS」および、秋冬仕様に仕立てられたアパレルアイテムを、2020年8月28日(金)より順次発売する。
Profile
大北幸平
VAINL ARCHIVEデザイナー
1976年生まれ、東京都出身。
2009年に自身のブランド「VAINL ARCHIVE」を立ち上げ、日本を代表するファッションブランドとして国内外で注目を集める。
2018年には、自身がオーナーを務めるギャラリー兼コンセプトショップの「SALT AND PEPPER(ソルト アンド ペッパー)」をオープン。
これまでにリーボックとVAINL ARCHIVEのコラボレーションとして、CLUB C(クラブ シー)とDAYTONA DMX(デイトナ ディーエムエックス)のデザインを手がけている。

セカンドシーズンとなる今作では、リーボック独自のフィッティングテクノロジーである「The Pump」にテクノロジーを搭載したモデル「PREMIER PUMP PARIS」が満を持して登場(上写真、9月18日(金)発売)。
本モデルは、2007年にランニングシューズとして発売され、流線型のスタイリッシュなデザインとスポーティーなカラーリングの見事な融合で、当時人気を博した。
本コレクションにおいて、大北氏が掲げる”違和感”を創出するために、「PREMIER PUMP PARIS」にも異素材の組み合わせ”が施され、ユニークな風合いを漂わせた1足に仕上がっている。
さらに、今年発売から35周年を迎える「CLUB C(クラブ シー)」もコレクションにラインナップし、後日発売予定となっている。
2020年の春夏シーズンから始動した『Reebok eightyone』コレクションのデザインは、「過去と現在を含め、数あるリーボックのプロダクトの中において、”違和感”を出すことが一番の目的だった」と大北氏が語るように、「VAINL ARCHIVE」のモノ作りの根幹である「生地、色、シルエットの組み合わせの中に潜む”違和感”」を踏襲している。
前作で基調としていた、グレーやブラックのカラーに加え、今作では深みのあるグレープのカラーが追加。
リーボックでは珍しい都会的な雰囲気を演出し、ひとつのアイテムに異素材を用いて立体感を出すなど、シンプルでありながら、極めて個性的な仕上がりとなっている。
『Reebok eightyone』は大北氏の手によって、見事にスポーツとファッションが融合したコレクションであり、リーボックが彼とともに提案する新たなスポーツミックスのスタイル。
ファーストコレクションに続き、今作のビジュアルも、国内外で注目を集める、NYを拠点に活動するフォトグラファー、小浪次郎氏により撮影された。

特設サイトURL: https://reebok.jp/classic/eightyone/

【展開店舗】
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
・リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY)
・SALT AND PEPPER / atmos-tokyo.com / BILLY’S各店 / SHIPS 各店 / Sneakersnstuff Tokyo Store
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/
・Rakuten Fashion(https://brandavenue.rakuten.co.jp/ba/shop-reebok/
・Locondo(https://www.locondo.jp/shop/in-shop/SREB1055D
※店舗により販売商品、サイズ展開が異なる場合があります。

【お問い合わせ】
リーボック アディダスお客様窓口
0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)
https://reebok.jp/

All Photo