NEWS

2019.05.27

【2019-20AW】NATSUMI ZAMA|聖徳太子に想いを馳せて…

毎回“ふと気になったこと”からテーマ作りをするという座間なつみが、2019-20AWのテーマに選んだのは「飛鳥時代」。

ちょっとヘンなオリエンタル感を表現

 

「これまでも宇宙飛行士とか恐竜とかいろいろやりましたが、時代物ってなかったな、と思って。自分が好きな時代っていつだろうと考えたとき、飛鳥時代のちょっとヘンなオリエンタル感が好きだなと思ったんですよね」

“重ね着”することを意識したアイテム

 

当時の着物からもインスピレーションを得ていているというコレクションの象徴的なアイテムは、インペリアルドレス。「羽織の下に袴を重ね着しているのがポイントだったので、重ね着にすることを意識したアイテムが多いです」

カラーも“土っぽい感じ”を意識しているという。

上下セパレートで着ることもできる「インペリアルドレス」

フォトグラファー岩本幸一郎によるルック撮影

 

今季のルックは、若手の注目フォトグラファー岩本幸一郎との初タッグ。“新種の民族”をテーマに撮影した。

All Photos

Recommend