QUI

JieDaが2021AWコレクションを発表。70年代の乾いたアメリカを表現。

Jan 20, 2021 - FASHION
デザイナー藤⽥宏⾏が手掛けるJieDaが、MILANO digital FASHION WEEK会期中の1⽉19 ⽇に2021AWコレクションを発表した。
テーマは「COME TO WHERE THE FLAVOR IS」。
アメリカ⼈のアーティスト Richard Prince の写真集「COWBOY」に触発された本コレクションは、マルボロのカウボーイヒーローに対する創造的破壊を⾏ってきた Richard Prince の魅⼒を称え、ロデオ写真から感じる 70 年代の乾いたアメリカを表現している。

コレクションでは、ブーツカットパンツやウエスタンのテーラードジャケット、襟を⼤きめにしたシャツなどが従来よりもタイトなシルエットで作られており、70年代アメリカの⽇焼けした様な褪せた⾊合いが、当時の空気感を伝えている。

また、古着のようなカウチンニットのフロントにはホースモチーフをあしらい、袖と後ろ⾝頃に星条旗を散りばめたデザインも、70年代らしいチャーミングさを感じさせる。
その時代を彷彿させる USED 感や⾊⽬、サイズ感など、当時の良い雰囲気をオマージュし、2021年にアップデートしたコレクションとなった。

発表されたコレクションの映像作品やLOOKは以下から見ることができる。

JieDa 2021AW COLLECTION

JieDa
http://jieda.jp/