QUI

BASE MARKが2021AWコレクションを発表。時代や場所の垣根を越えた世界感を表現。

Mar 16, 2021 - FASHION
金木志穂が手がける「BASE MARK(ベースマーク)」がRakuten Fashion Week TOKYOにて21AWコレクションを発表した。
前シーズンに引き続きデジタルでの配信となった。

神戸や横浜などの旧居留地にインスパイアを受け、Oldish な西洋と、Modern な東洋を融合されたコレクションを、オリジナル素材と近代的な印象のポリエステルジャージやPVC などの素材を組み合わせることで、時代や場所の垣根を越えた世界感を表現。


また、今季はロンドン在住のアーティストSimeonFarrar とのコラボレーションが実現した。
BASE MARK のシグニチャーとなるテーラードジャケットをはじめ、Tシャツ、シャツ、スウェット、ニットの5型にて展開している。


初めてメンズモデルも起用し、ジェンダーを超えたコレクションに仕上がっている。

BASE MARK
https://basemark.jp/