NEWS

2019.06.13

【2019-20AW】KONYA|ずれ、ゆがみ、ひずみを描く

デザイナー紺田優太によるKONYAの2019-20AWコレクション。今季はブランドコンセプトそのものに近いテーマを掲げ、ブランドの真骨頂を感じさせるコレクションとなった。

「何気ないシャツでも僕が作るものはゆがんでいる」と話すように、デザイナー紺田優太の手掛ける服には、カッティングやディテールのどこかに“違和感”が組み込まれている。

そんな紺田が今シーズンのコンセプトに掲げたのが「Not made and forms(成す成さない)」。

成さないことを成すべきことに展開する、をテーマに、“ゆがみ”に着目したという。

計算された、心地よい違和感。KONYAの世界観を存分に味わっていただきたい。

All Photos

Recommend